タイトル

 
 
 
 
 
 

 

ターザン 「オバケのQ太郎」「新オバケのQ太郎」
「Qちゃんの七五三」で、正ちゃんのママがボロ切れで作ってくれた衣装でQちゃんが変装した。
ダーウィン 「神さまごっこ」
神の存在を危うくした人物。
ターザン 「バケルくん」
カワルがもらった人形の一つで、ジャングルの王者。
ダイウィン 「ドラえもん」
未来デパート開発技術部長。ガラパ星で次々と新しい生物を作り出す。
タイガー 「ジャングル黒べえ」
「トラ三」参照。
代田教授 「パーマン」
国大工学部の教授。コピーロボットを直せる唯一の日本人。
太一 「やすらぎの館」
社長の息子。海外担当重役だが、父親の留守中に起きた政変への対応が遅れた。
太平外相 「エスパー魔美」
「弾丸よりもはやく」で、来日したダブダブラ大統領を出迎えた。
平信盛 「T・Pぼん」
加茂丸の父親。
平山盛公 「オバケのQ太郎」
「ゆうれい村」で登場。平氏の子孫。山奥で源氏に復讐する時を待っていた。
平の頼朝公 「オバケのQ太郎」
「気むずかしいサクラ」で、遠い昔サクラを自ら植えたといわれているらしい。
タイロッグ 「21エモン」
恐ろしい人食いで、動物園へ連れていく途中に逃げ出した宇宙怪獣。
高木健 「メフィスト惨歌」
魂を売ってやると悪魔をだまし、金と女性を手に入れた冴えない男。
高倉健 「エスパー魔美」「裏町裏通り名画館」
「幸福の黄色いハンカチ」「南極物語」に主演した。
タカシちゃん 「征地球論」
主人公の少年の隣の子。1日に7時間も机に向かっているらしい。
田金 「コラージュ・カメラ」
ブラッキード事件の容疑者で、元大臣。新聞社を名誉毀損で告訴しようとしていた。
高根 「ミニチュア製造カメラ」
高根建設の社長。友人の元社長に頼まれて航空写真を送る。
タカネさん 「ジャングル黒べえ」
しし男が将来結婚したいと思っているかわいい同級生。
高嶺花子 「ふたりぼっち」
健二が憧れる同級生。健二が描いている漫画「宇宙開拓史」に登場させようとする。
高根望彦 「パラレル同窓会」
小説家をめざしていた、極東物産社長。パラレル同窓会に出席し、世界を取り替える。
高畑和夫 「エスパー魔美」
魔美のクラスメート。運動神経は鈍いが、頭がよく、勇気もあり、良きアドバイザーとして、魔美を助ける。
タカヒロちゃん 「のび太の創世日記」
「せかいのはじまり」をのび太に取り上げられた。
高見小夜子 「エスパー魔美」
夫の遺志を継いで、新しい彗星を発見しようと、毎晩夜空を観察していた。
宝山金蔵 「オバケのQ太郎」
「やっぱり金持ちはいい」に登場。Qちゃんを飼って、友人に自慢しようとした。
宝山金太郎 「オバケのQ太郎」
「やっぱり金持ちはいい」に登場した、金蔵の息子。
宝山氏 「パーマン」
「ダイヤの呪い」で、インドの100カラットのダイヤを千面相に狙われた。
宝山ルリ子 「パーマン」
「ダイヤの呪い」で、父の持つ、ダイヤのために千面相にさらわれた。
鷹利 「ボノム=底ぬけさん=」
仁吉の会社の人間で、しょっちゅう仁吉から金を巻き上げては他人に貸していた。
タガロ 「のび太と雲の王国」
父と祖父の三人で漁に出たが、嵐で遭難し、島で生活していたところ、天上人に助けられる。
タクザエモン 「モジャ公」
モクベエの隣人でダンボコをしとめることができるかを賭けた。
田口 「新オバケのQ太郎」
ヒョーロクさんが表札を上下逆さまにして、「口田」にしてしまった。
タクちゃん 「オバケのQ太郎」
「Qちゃんは名探偵」で、登場した正ちゃんの友達。頭の横にハゲがある。
タクチャン 「パーマン」
「パーマンのアルバイト」で、タダシチャンと喧嘩していた。
卓見コー作 「宙犬トッピ」
発明好きの少年。宇宙の捨て犬トッピと知り合い、様々なトッピから教えてもらった機械を次々と作り出す。
竹子 「値ぶみカメラ」
骨董屋の娘で、カメラマン志望。金持ちの男と同僚の男からプロポーズされて戸惑う。
竹子さん 「仙べえ」
モヤ夫の憧れの同級生。かなり気位が高く、怒ってばかりいる。
タケシ 「パーマン」
「母恋いパーマン」に登場。炭坑夫で、落盤で坑道に生き埋めになった。
武田勝頼 「チンプイ」
武田氏が滅びるときにお家再興の資金として甲府の山中に黄金を埋めたと伝えられる。
武田信玄 「チンプイ」
領土の中に黒川金山のあったために莫大な財産を持っていた戦国武将。
武田鉄矢 「エスパー魔美」
「スター志願」で、PANプロに間違えて電話をかけてきた。
竹知 「きゃぷてんボン」
金山さんが千面相から仏像を守るために依頼した世界一の名探偵。
竹取りジイサンズ 「ポストの中の明日」
流行らせようとラジオが新曲の「明日がみえたら」を何度も流していた。
竹長 「エスパー魔美」
魔美のクラスメート。幸子とつきあっている。魔美のカレーにひどい目にあったことがある。
タケ坊 「コロリころげた木の根っ子」
大和先生の愛人?のルミちゃんとドライブに出かけた。
タケ坊 「幸運児」
子供ができたと聞いて姿をくらましていたが、生まれたと知ってかけつける。
竹山さん 「バケルくん」
ばいばい軒でカツ丼を4つ出前を頼んだ。
タゴーサク 「裏町裏通り名画館」
ヨサークが軍で知り合った、ローカルな星チバタマ出身の兵。反乱軍にやられる。
タコカイナ選手 「21エモン」
宇宙オリンピックの陸上で、3位になった、チューチュー星の選手。
太古さん 「オバケのQ太郎」
Qちゃんの近所のおじいさん。タコにそっくり。
タコペッテイ 「モジャ公」
世界的記録映画作家。体を張って宇宙の危険地帯をめぐり映画を撮影している。
ダサーイ 「ドラえもん」
人気テレビ番組「エスパー少年隊」の悪役。
田島 「バウバウ大臣」
「少年マンデー」の編集者。大二のパパの担当。
忠実 「T・Pぼん」
上皇を後ろ盾に、勢力争いをしていた。
タダシ 「わが子・スーパーマン」
超人的な力を持った男の子。過剰な正義感で人々を退治していた。
タダシくん 「ドラえもん」
ペコペコバッタで過去に犯したいたずらを白状する。
タダシくん 「チンタラ神ちゃん」
マサルの同級生。マサルと一緒に登校していた。
タダシチャン 「パーマン」
「パーマンのアルバイト」で、タクチャンと喧嘩していた。
立花 「ある日……」
みどりヶ丘シネサークルのメンバー。マイホームからの景色を8年間撮影し続けた。
立原さん 「エスパー魔美」
魔美のママの務める新聞社の文化部の人。剣鋭介がガンだとママに教えた。
たつ夫 「エスパー魔美」
家の隣の洞穴で勉強をしていた。
ダック将軍 「海の王子」
国連軍司令官。海へび大帝攻撃のために軍の出動を命令する。
立野正治 「エスパー魔美」
魔美のパパの描いた神里村の絵が元で、幼なじみのハザマ・ローンの社長と再会する。
タップ 「のび太とブリキの迷宮」
サピオが飼っているウサギのような動物。口の中になんでも入る。
竜宮姫子 「ドラミちゃん」
「ウラシマキャンデー」に登場。のび太郎に助けられ、家でもてなす。
田中さん 「征地球論」
主人公の家のお隣。いつも夫婦で小旅行や映画や食事に出かけるらしい。
田中荘の大家さん 「ドラえもん」
「ナイヘヤドア」に登場。縁起をかついで、4号室を作らなかった。
田中総理 「新オバケのQ太郎」
Qちゃんが帰った時、神成さんに人間界での出来事を聞いていた時に出てきた。
タヌキ 「オバケのQ太郎」「新オバケのQ太郎」
「ブンブク」参照。
種をまく者 「のび太のねじ巻き都市冒険記」
地球など、星をめぐり生命を与えている存在。
田之木彦彦 「ドラえもん」「バケルくん」
大人気トップスター。しずちゃんの誕生日にスネ夫がサインをプレゼント。
田野金平 「ドラえもん」
人気絶頂のタレント。突然家にゴミを投げ入れられて困っていた。
多原 「エスパー魔美」
毎朝新聞社会部の記者。イカ金からの情報で、水上画伯の過去を取材しようとした。
田原聖子 「ドラえもん」
テレビタレント?河合真彦と婚約した。
タプタ 「T・Pぼん」
「王妃ネフェルティティ」で、アクナトンの宮殿の宮廷総帥。
ダブダブラ大統領 「エスパー魔美」
ナムダミア共和国の大統領。ブラックキューピッドに命を狙われる。
タマゴン 「宇宙からのおとし玉」
宇宙遊泳をしていたときに地球に落ちてしまった宇宙人。平川に拾われる。
ダムソン 「海の王子」
海底王国アトランチスの王子、アポロの部下。海の王子に助けられる。
タラ子 「オバケのQ太郎」
しんちゃんを監視していたお手伝いさん。映画スターの大橋川蔵のファン。
タフソン 「チンプイ」
エリちゃんを狂信的な秘密結社ZZZ団から守るためにやってきた、秘密警護官。
ダブランダー 「のび太の大魔境」
犬の世界の大臣。反乱を起こし、クンタック王子を葬り、人間世界に攻め込もうとしていた。
玉夫 「ドラえもん」
のび太のおじさん。ママの弟?「正直太郎」で好きな人と結ばれる。車のセールスを始めた。
玉選手 「オバケのQ太郎」「パーマン」
有名な野球選手。お手伝いさんに化けたQちゃんに結婚を申し込む。本名は「玉萬(?)」。
タマちゃん 「ドラえもん」
ドラえもんのガールフレンド。イリオモテ島へデートに出かける。
タマちゃん 「ゆりかちゃん」
ゆりかちゃんの家におばさんと遊びに来た。お兄さんと釣りに出かける。
玉ちゃん 「天使の玉ちゃん」
なくしてしまったハネを探しに下界へ降りてきた天使。
玉藻の前 「T・Pぼん」
帝のお気に入りだったが、宮中の勢力争いに巻き込まれ、妖孤であるとの疑いをかけられる。
タムスン 「T・Pぼん」
米国領事。1885年マヤの聖池を調査させた。
田村 「バケルくん」
カワルの野球チームのメンバー。山川の代わりに四番になった。
タメ吉 「オバケのQ太郎」
為三の息子。親に似て、ケチな子供。正ちゃんからお年玉をもらおうとした。
多目くん 「ドラえもん」
のび太よりも出来の悪い転校生。のび太に助けられるがまた、転校してしまう。
為左衛門 「オバケのQ太郎」
為三おじさんの150年前のご先祖。変人だったらしい。
為三 「オバケのQ太郎」「新オバケのQ太郎」
金尾町に住む、正ちゃんのおじさん。有名なケチで、お年玉をくれたことがない。
タラ子タラ夫 「T・Pぼん」
メキシコのチチェン・イッツァのピラミッドから転落死した漫画家。
ダルーサ 「チンプイ」
ルルロフ殿下のお妃候補だった少女。エリちゃんを逆恨みし、嫌がらせをする。
タルオ 「オバケのQ太郎」
自称世界的ギャング団、フラック団の一人。といっても二人組。
ダレ太郎 「新オバケのQ太郎」
Qちゃんが「だれだろう」と言った言葉をママが「ダレ太郎」と聞き間違えたことから誕生。
タロウ 「オバケのQ太郎」
「Qちゃんは名探偵」で一週間家を出たまま帰らない、犬。
タロウ 「ジャングル黒べえ」
黒べえにお手伝いさんを頼んだ奥さんの飼い犬。黒べえにアイロンかけをさせられた。
太郎 「新オバケのQ太郎」
「オバケ会社が引きうけた」で、去年から家出をしていた。父親が重病に。
太郎 「ポコニャン」「ぽこにゃん」
ハイキングで拾った謎の生物、ポコニャンを育てた男の子。ポコニャンの超能力や発明で助けられる。
太郎作 「T・Pぼん」
ぼんのおじいさんの前を歩いていたときに行方不明になった。
たろちゃん 「オバケのQ太郎」
正ちゃんの親戚。田舎に住んでいる。Qちゃんに興味津々。
田呂都先生 「大予言」
未来の恐るべき何かを予知し、ノイローゼになったタロット占い師。
俵藤太 「オバケのQ太郎」
「オバケ退治でござる」で、佐々木鳥郎が目指した人物。ムカデを退治した。
団 「耳太郎」
耳太郎達と共に漫画を描いていた男の子。耳太郎の酷評にも腹を立てず描き直そうとする。
タンコ星の王さま 「ウメ星デンカ」
無人星を買って勝手に王さまになった。ウメ星人を呼んで奴隷にしようとした。
タンタン 「名犬タンタン」
タンタン星から来た犬。人間に優しくしてもらった時初めて力を出すことができ、助けてもらった英雄たちに恩返しをする。
ダンプ 「チンタラ神ちゃん」
ジローの同級生でガキ大将。神ちゃんの神罰が怖くて仕方なくチンタラ教の信者になる。
ダンボコ 「モジャ公」
ゴゴロンゴ星を支配していた植物。種子を飛ばして動物を操り食べていた。

 
 
 
 
 
 

 

メール ホーム banner (C) copyright 1997-1999 Junichi T