タイトル

 
 
 
 
 
 

 

ミイちゃん 「ドラえもん」
ドラえもんが惚れたおもちゃのネコ。道具で動けるようになったが、実はオスだった。
ミイちゃん 「ドラえもん」
ネコぎらいの鍋島さんに捕まったが、ドラえもんに助けられる。
ミイちゃん 「のび太とアニマル惑星」
動物の星の迷子になった子猫。ワンゲルさんに家を見つけてもらう。
ミイちゃん 「パーマン」
ミツ夫のいとこ。大きくなってもお年玉をもらいに来る。
ミー 「パーマン」
「白ネコが犯人」で、泥棒ネコと疑われたネコ。ネコ仲間からはシロちゃんと呼ばれている。
ミーちゃん 「クレオパトラだぞ」
楽悟が通っている喫茶店で働いている女性。楽悟の誘いを断る。
ミー子 「バケルくん」
ユミちゃんの飼っているネコで、「ミーちゃん」。2歳の誕生日にごちそうをもらった。
ミウミウ 「バウバウ大臣」
バウバウと共にアマンガワ王国の王子の生まれ変わりを探しに来た。才能を引き出すことができる「ミウ電気」を出せる。
三重尾春男 「海の王子」
大空博士を探す一行に同行した医者。
三重内博士 「パーマン」
「とうめい人間」に登場。透明薬を発明した。
三重晴三 「パーマン」
ミツ夫のクラスメート。金持ちの息子で、いつも自慢している。
御影 「宇宙からのおとし玉」
ミッちゃんの家庭教師をしていた大学生。多くの女性に手を出していた。
みき 「中年スーパーマン左江内氏」
未入居団地に不良学生たちが入り込んでいた部屋に書かれていた落書き。
みきお 「みきおとミキオ」
1974年の世界に住む小学生。タイムトンネルの入り口を発見し、2074年の自分にそっくりな少年、ミキオと入れ替わりの生活を楽しむ。
ミキオ 「みきおとミキオ」
2074年の世界に住む小学生。突然現れた1974年の自分にそっくりな少年、みきおと入れ替わりの生活をしないか、と提案する。
みき子 「ポコニャン」
太郎くんの同級生の女の子。
三木首相 「ドラえもん」「新オバケのQ太郎」
「ニセ宇宙人」で宇宙人に脅されたスネオが公衆電話から連絡するが、相手しなかった。
ミキスケ 「みきおとミキオ」
ミキオのおじさん。メンバンのタイトルマッチのチケットを手に入れることができなかった。
みきちゃん 「モジャ公」
空夫のクラスメート。空夫のいいかげんさにあきれている。
ミキちゃん 「いけにえ」
浪人生、池仁平のガールフレンド。教育ママの素質十分。
ミキマス 「チンプイ」
建設予定の「エリさま記念館」の館長。エリちゃんの思い出の品を集めていた。
ミクジン 「のび太のドラビアンナイト」
時間旅行公社のガイド。おっちょこちょいだが、ドラ達のピンチを救った。
三下さん 「新オバケのQ太郎」
正ちゃんの家の裏のアパートに住む夫婦。いつもけんかしている。奥さんは「花子」。
ミクロス 「のび太と鉄人兵団」
スネ夫のいとこが作ったロボット。ドラえもんの道具で知能を持った。
ミケ 「オバケのQ太郎」
正ちゃんの家の隣のネコ。子供を生んだらしい。
ミケちゃんマン 「ドラえもん」
のび太の好きなテレビ番組。巨大ゴキブリ怪人を倒した。
岬 「倍速」
倉札の会社の同僚。桜田とつき会っていたが、たちの悪い男達に絡まれて、一人で逃げる。
ミズエさん 「ドラえもん」
神成さんの家に遊びに来ていた親戚の女の子。
水沢ユリ 「エスパー魔美」
最高に売れてる新人女優。魔美のママの姉のお嫁に行った先のいとこ。
Mr.マリック 「ドラえもん」
ジャイアンがスネ夫の手品の腕を例えた人物。
水谷晶子 「未来の想い出」
女優をめざし劇団に通いながら、モデルをしていた女性。納戸と知り合うが、不幸が襲い若くして死んでしまう運命だった。
水谷さん 「エスパー魔美」
人形劇団こけし座で一人でも劇団を続けようとした女性。
水谷先生 「エスパー魔美」
魔美のクラスの担任の先生。あだ名は「ドロンモドキ」。
水野くん 「ドラえもん」
ブラジルへ引っ越しをした。スネ夫と声の便りを交換する。
ミズモリ 「イヤなイヤなイヤな奴」
宇宙船レビアタン号の整備士だが、実際は船員の共通の適役となる「にくまれ屋」。
みち子 「エスパー魔美」
「エスパーコック」で、火事で建物に取り残されていたところを魔美に助けられた。
美津江 「分岐点」
茂手木の結婚相手の一人。疑い深く、狂言自殺を何度も繰り返す。
ミッチャー首相 「ドラえもん」
A国の女首相。風船につけた手紙を拾ってもらおうとしたが、失敗。
みっちゃん 「ドラえもん」
のび太のママの友達(?)の子供。のび太と人形遊びをしたがる。
みっちゃん 「ドラえもん」
プリンセスの飼い主。金持ちらしい。
みっちゃん 「オバケのQ太郎」
正ちゃんのいとこ。正ちゃんの家でお見合をした。
みっちゃん 「オバケのQ太郎」
「もしもし長電話」で、よっちゃんと糸電話で長電話をしていた子。
みっちゃん 「あいつのタイムマシン」
いとこの鉄夫の紹介で正男と結婚した。
ミッちゃん 「宇宙からのおとし玉」
平川の幼なじみの女の子。大学生の家庭教師に夢中になっていた。
光っちゃん 「四畳半SL旅行」
浩美の幼なじみ。鉄道模型に熱中する浩美を心配し、ハイキングなどに誘う。
みつるちゃん 「エスパー魔美」
子供の頃からのコレクションの漫画を妻にチリ紙こうかんに出されてショックを受ける。
水戸黄門 「ドラえもん」
「コーモンじょう」の説明をするときに出てくる。
みどり 「みどりの守り神」
動物がほとんど死滅した地球で生き残った少女。植物達に守られながら坂口と共に山を下り、真実を知る。
みどり 「名犬タンタン」
英雄の妹で心の優しい女の子。兄やタンタンと共に悪者と闘ったりする。
みどりちゃん 「きゃぷてんボン」
ボンの仲良しの女の子。ボンとよく遊びに行く。「まいちゃん」とも呼ばれている。
水上悟一 「エスパー魔美」
魔美のパパの美大の同級生。無名の頃贋作を描き金をもうけていた。
南沙織 「新オバケのQ太郎」
伸ちゃんが河伊伊奈子さんを例えた人物の一人。
源静香 「ドラえもん」「エスパー魔美」
のび太達の憧れの的。ドラえもんが来たことでのび太と結婚することに。
とても優しく成績も優秀。お風呂好き。12月2日生まれ。
源しず代 「のび太の創世日記」
野美奈の秘書。登山家で、南極探検に同行、野美奈と婚約する。
源頼朝 「T・Pぼん」
名のある人物の処分を任されていた。
ミノア 「ミノタウロスの皿」
イノックス星の大祭、ミノタウロスの皿の栄誉に選ばれた食用のウス。
ミノス 「T・Pぼん」
クレタの王。強大な海軍で勢力を誇り、毎年アテナイに若者を生け贄に出させていた。
美濃部さん 「カイケツ小池さん」
都のマークのデザインについて小池さんが文句を言おうとした都知事。
峯野キリ子 「仙べえ」
モヤ夫の姉。かなり気が強いがボーイフレンドはかなりいるようである。
峯野モヤ夫 「仙べえ」
新築の家を購入した家族の子供。突然やってきた仙べえが巻き起こす騒ぎに振り回されっぱなし。
三船敏郎 「オバケのQ太郎」
「わらわせ屋でござい」で、あらゆるかっこいい顔の見本になっていた。
宮沢賢治 「ドラえもん」
「銀河鉄道の夜」の作者。出木杉がのび太に貸そうとした本。
深山田喜左衛門 「ユメカゲロウ」
精一の祖父で、山林の持ち主。「ユメカゲロウ」に振り回された過去を苦々しく思う。
深山田精一 「ユメカゲロウ」
虫博士と呼ばれるほど昆虫が大好きな少年。引っ越してきた少女とユメカゲロウを探す。
宮本武蔵 「ドラえもん」「オバケのQ太郎」
ジャイアンが最も尊敬する人物。若い頃は弱かったらしい。
みよ子 「キテレツ大百科」
キテレツのクラスメート。発明に夢中になってぼーっとしているキテレツを心配している。
みよちゃん 「ドラミちゃん」
「ドラえもん」の世界でのしずちゃん的存在。バイオリンを弾くのが好きらしい。
みよちゃん 「パパは天さい!」
のぼるくんの家の隣に住む女の子。
みよちゃん 「分岐点」
茂手木の息子、真人のガールフレンド。おとなしいけど、すぐべそをかくらしい。
みよちゃん 「気楽に殺ろうよ」
河口の知人が一緒にご飯を食べようとしたとなりの子。
みよちゃん 「ゆりかちゃん」
ゆりかちゃんのお隣の女の子。買ってもらったばかりのランドセルを見せに来た。
ミヨちゃん 「オバケのQ太郎」
「正ちゃんのペットはオバQ」で登場した、お金持ちの女の子。
未来 「ミラ・クル・1」
UFOからもらったアクセサリーで超人になり、ワンとくるみの3人で悪者達と闘う。
ミリオネヤ・カネダ 「ドラえもん」
スネ夫のパパの友達。アメリカの金持ちで自家用飛行機も持っている。
ミリオネヤ星人 「21エモン」
宇宙旅行を夢見て12人で一人の格好をしていた。星の石ころはダイヤモンド。
ミルティアデス将軍 「T・Pぼん」
ペルシャ軍と闘っていたアテナイの将軍。重装歩兵を走らせる奇策を打ち出す。
ミルル 「モジャ公」
消息不明となった兄を捜しに一人でシャングリラに向かっていた女性。

 
 
 
 
 
 

 

メール ホーム banner (C) copyright 1997-1999 Junichi T