タイトル

!

タッチ手ぶくろは軍手? 17巻「タッチ手ぶくろ」

 「ドラえもん」に登場する道具は登場が一回きりか、タケコプターのように何度も登場するものかに分かれるわけですが、このタッチ手ぶくろは珍しく2回登場する道具ですね。

 で、最初に登場したこの回、70ページの3コマ目のタッチ手ぶくろは右手用なんですが、4コマ目はどうみても左手用です。タッチ手ぶくろは軍手と同じ作りになっているのでしょうか。まあ、未来の道具ですから、軍手みたいなものでなくてもはめようとする方にフィットするようになっているのかもしれませんね。
 

@

24インチの大画面!? 17巻「主役はめこみ機」

 人気テレビ番組「ウルトラ・ボーイ」に出演したと自慢するスネ夫。一緒に見ないかと、「よかったら、うちのテレビで見なよ。二十四インチの大画面!迫力あるよ!」と誘うのですが…。う〜む、24インチが大画面ですか(^ ^;。ま、この作品が描かれたのが1978年ですので、当時からしてみれば大画面なんでしょうね。
 

!

かたずけラッカー 17巻「かたづけラッカー」

 これをふきつければ、ふきつけられたものが見えなくなってしまう「かたづけラッカー」。ドラえもんのセリフによれば、「かたづけ」なんですが、この道具に書かれている名前は昔の版では「かたずけラッカー」になっていました。

 最近の版では修正されているのですが、よ〜く見てみると直っていないコマがあるんです。さあ、直っていないコマを探してみましょう(^ ^;。
 

onpu

キンコンカンコン 18巻「ドライブはそうじ機に乗って」

 無生物に催眠術をかけることができる「無生物さいみんメガフォン」を使って、スネ夫のいとこのスーパーカーをゴミ収集車にしてしまったのび太。

 ゴミ収集車は「キンコンカンコン」とオルゴールを鳴らし始めますね。なぜゴミ収集車がオルゴールを慣らすのか、昔から不思議に思っていましたのですが、藤本先生がお住いになっていた川崎市の方によると、ゴミ収集車はオルゴールを鳴らしながら走っているそうです。最近は川崎市の歌のメロディーが流れているそうですが、この作品が描かれた当時はまだこの歌はできていなかったそうですので、流れているメロディーは何だったのかが気になります。どなたか覚えてる方はみえないでしょうか?
 

onpu

百苦タイマーの事情 18巻「百苦タイマー」

 百分間に百の苦しみにあう機械「百苦タイマー」。これは「小学三年生」昭和53年4月号に掲載されたのですが、実はこの回で「小学三年生」での「ドラえもん」の連載回数が100回となったのです。このため「ドラえもん100回連さい記念大会」と銘打って「ドラえもんたん生物語」「ドラえもん大じてん」の企画と共に100回を記念して「百苦タイマー」が描かれたというわけです。
 

!

百苦タイマーのスイッチの位置 18巻「百苦タイマー」

 1分経過した時の171ページの百苦タイマーのスイッチの位置は左側に付いていますよね。ところが次のページの3コマ目だけなぜか右側に付いています。

 もうひとつ、のび太が災難に遭った回数は6回ですので「だから、七回目は百年たってからだよ。」というセリフが正しいのですが、昔の版では「六回目」となっていました。
 

@

ドラはなぜ絵本から抜け出せたのか? 19巻「しあわせな人魚姫」

 絵本の世界に入り込むことができる絵本はいりこみぐつ。短編でも2度登場し、「のび太のドラビアンナイト」では物語の原因となった道具でもあります。

 さて、この絵本はいりこみぐつで入った絵本の世界から抜け出すには必ず靴を履いていなければなりません。実際「のび太シンデレラ」と「のび太のドラビアンナイト」では靴をなくしてしまったために絵本の世界から抜け出せなくなっています。

 ところが、この「しあわせな人魚姫」では「人魚姫」のドラがはいた靴は絵本の世界に入り込んだ途端に靴が無くなっています。それなのに「これでいいのだ」なんて言って簡単に絵本の世界から抜け出してしまっています。この靴は他の2つの回とは違うバージョンなのでしょうか。
 

@

のび太のシャツの穴の謎 19巻「影とりプロジェクター」

 ドラファンというよりは藤子ファンにとって重要な作品である「影とりプロジェクター」。理由はもちろん「ドラえもん」と「パーマン」との世界をつなぐ2つの作品のうちの一つな訳ですね。

 スーパー星(バード星)へ留学したパーマン一号こと、須羽ミツ夫(ここではミツ夫であることは分かりませんが)を待ち続けていると語る星野スミレのラストは他のドラの作品には見られない不思議な雰囲気が漂っています。

 さて、話題はこのこととは全く関係がなく(^ ^;)ただのくだらないツッコミです。影とりプロジェクターを試すためにママの影をすいとったドラ。ママが洗濯物を干す時に昨日のび太が破ったというシャツの穴を見つけるわけですが、シャツにもろに表から裏へ貫通した穴が空いてるんですよね。こんな破き方するからにはのび太も無事では済まないはずなんですが、日頃から車にはねられたり、鉄骨を頭で受けているだけあって打たれ強くなってしまったんでしょうか。
 

!

アクションクイズの間違い 19巻「クイズは地球をめぐる」

 未来のクイズゲームマシン、アクションクイズ。ま、未来の道具を使い慣れている未来人には簡単な問題なのかもしれませんが、20世紀人にはかなり難しい問題ですよね。3問目が正解できず雷に打たれるのび太に向かって言ったドラの言葉、「頭悪いなあ……。」それって厳しくない?

 さて、偶然とはいえ最後の問題でみごと正解したのび太ですが、記念のメダルが飛び出していますよね。このメダルに書かれた文字をよく見てみると「ACTION CUISE」と書かれています。おそらく「アクション クイズ」のつもりなんでしょうが、正しくは「ACTION QUIZ」ですよね。ま、これも先生ではなく、アシスタントの間違いなんでしょうけど(^ ^;)。
  

onpu

どこでもドアと天の川鉄道 20巻「天の川鉄道の夜」

 どこでもドアの発明で廃止となった天の川鉄道。その後「のび太の銀河超特急」でミステリートレインという形となって見事に復活しましたね。

 ところで、タイムトラベル理論の発見は「未来図書券」で2008年ということが分かっていますし、「タイムカプセル」ではノビスケがタケコプターが使っていることから25年以内に発明されるようです。ではどこでもドアはいつ発明されるのでしょう。少なくとも天の川鉄道よりは後だということは確実なんですが、タイムマシン、タケコプターよりはかなり後、ということになりますね。

 さて、ドラが記念のつもりで買ったという天の川鉄道の切符ですが、2111年9月3日20:07発ということで、年こそ一年前ですが、ドラの誕生日と一致するんですね。この切符を使ってのび太が乗ったのが天の川鉄道最後の便だったということは、天の川鉄道の最終便がドラの誕生日と一緒だったということなんですね。記念のつもりで買ったというのはこんなところにも意味があったのかもしれません。

 ということはどこでもドアの発明は少なくともドラえもんの誕生よりも早かったということになりますね。
 

BACK

10

NEXT

  
mail home FFFFC-banner (C) copyright 2000 Junichi T