SF Dictionary

【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】

【さ】 

【催眠】 
 人為的あるいは自動的に、暗示性が高まり、注意が一方向にのみ集中する状態を“催眠状態(ヒプノティック・ステイト)”または“催眠性(ヒプノティック)トランス”といい、これが深まると、知覚や記憶などに変化を与えることもできる。
 人為的にそういう状態を作り出す法が“催眠法”、いわゆる“催眠術”である。18世紀末にオーストリアの医師フランツ・アントン・メスマーが創始した“動物磁気療法(メスメリズム)”がきっかけとなって発見されたものである。

【し】 

【人工冬眠】 
 長い恒星間飛行の間をしのぐ方法として、SFで昔からよく使われるアイデア。

【す】 

【せ】 

【そ】 

 


 

メール ホーム