週間少年サンデーに掲載された『オバQ』は、作者名が“藤子不二雄とスタジオ・ゼロ”という表記になっていました。実際、サンデーに掲載された『オバQ』は、作画面でスタジオ・ゼロのメンバーの多くの人達が協力していると共に、作品中にチョコチョコと顔を出しているのです。ここではそのメンバーをご紹介すると共に、登場した作品をご紹介します。
ご存じ藤子先生です。作者として登場したり、正ちゃんたちの近所に住む変わったおじさんたちとして登場します。

ネプチャ国王に雇われた漫画家として登場。 「ネプチャ王子」
藤本先生だけQちゃんに潜水艦がどんなものかを教えた。 「正ちゃんにプレゼント」
“フジコ”という名前で作者として登場。 「イヌがイヌを飼う話」
“フジコフジオ”という名前で作者として登場。 「ジャンジャン売ろう」
ものをかいてる二人組のおじさん。 「テーマソングを歌おう」
大原家を観光しにきた客。 「観光オバQ」
銀行に来ていた客として登場。 「ガードマン」
スタジオボロの社員として登場。 「上にドがつく小池さん」
“フジコフジオ”あらゆるかっこいい顔の見本として登場。 「わらわせ屋でござい」
ケニアに旅行した自慢話を正ちゃんたちにする。 「猛獣公園」
藤本先生のみ登場。ヒョローッとしているため、U子が投げたがる。 「U子の柔一代」
作者として登場。イヌの○○○をカットする。 「咸臨丸とQ太郎」
藤本先生のみ登場。デンマーク旅行を自慢する。 「デンマークに負けるな」
作者として登場。 「デンマークに負けるな」
“フジコフジオ”が額縁の裏にヘソクリを53円隠しているらしい。 「助け合い運動」
暴力団の子分役として登場。 未収録[少年サンデーS40-18号]
作者として登場。 未収録[ボーイズライフS41-8]

脇キャラを描いていた石森先生は、名前付きで登場することもしばしばですが、その特徴的な顔で何度も脇キャラとして登場しています。ここでは名前が出ていたものについてご紹介。

伸ちゃんの友達。 「兄弟ゲンカはやめよう」
子どもたちにいつも柿を取られているおじいさん。 「さよならドロンパ」
ネプチャ国王に雇われた漫画家として登場。 「ネプチャ王子」
大原家を観光しにきた客。 「観光オバQ」
スタジオボロの社員として登場。 「上にドがつく小池さん」
藤本弘?のデンマークの自慢話を聞かされる。 「デンマークに負けるな」
石森顔の少年のおじさん。漫画家っぽい。 未収録[小学一年生S40-9]
暴力団の子分役として登場。 未収録[少年サンデーS40-18号]

『オバQ』そのものには参加していなかった鈴木先生ですが、小池さんのモデルとしてあまりにも有名ですね。

『フーちゃん』というマンガの表紙に登場。 「おこづかい作戦」

『恐怖新聞』などで知られる漫画家。『オバQ』連載当初は作画面で協力されていたようです。姿はときどき登場。

人形劇のメンバーとして、名前だけ登場。 「カチカチ山の決闘」
ネプチャ国王に雇われた漫画家として登場。 「ネプチャ王子」
サブちゃんとして登場(つのだじろうはジロちゃんと呼ばれていたらしい) 「いたずらチャンピオン」
スタジオボロの社員として登場。 「上にドがつく小池さん」

『天才バカボン』『おそ松くん』で大ヒットを飛ばしたギャグ漫画家。赤塚先生ご自身は『オバQ』にはタッチしてなかったようですが、フジオ・プロの北見先生や長谷先生は作画に協力されていました。

人形劇のメンバーの一人だが、名前だけ登場。 「カチカチ山の決闘」
ネプチャ国王に雇われた漫画家の一人として登場。 「ネプチャ王子」
スタジオボロの社員として登場。 「上にドがつく小池さん」

『ハムサラダくん』などで知られる吉田さんは藤子スタジオのアシスタント。連載当時の紹介では「パクパクといつも空気を吸っている」そうです。

正ちゃんが電話を借りようとした友達。 「もしもし長電話」
吉田屋という看板で名前だけ登場。 「ぼくらのゴーストタウン」
原島町清水通り1461番地に住んでいるおじさん。 「ゆうびん局開店」
おじいさんが探していた家だが、おじいさん自身吉田さんがモデル。 「兄の日」
大原家を観光しにきた客。 「観光オバQ」
新聞配達先のそっくり夫婦で登場。 未収録[小学一年生S47-7]

藤子スタジオのアシスタントの西村さんは、よく食べよく太る、登場キャラそっくりの方だったようです。

西村家の表札。 「ねこのお通り」
“西村酒…”という酒屋(?)の看板。 「タイムマシン」
西村おもちゃ製作所K.Kの看板に名前だけ登場。 「サンタはきっとくる」
西村歯科として登場。ただし、顔は違う。 「正ちゃんのむし歯」
正ちゃんの電話相手として登場。 「もしもし長電話」
西村米店という看板だけ登場。 「ぼくらのゴーストタウン」
正ちゃんのママの友達として登場。 「国際オバケ連合」
大原家を観光しにきた客として登場。 「観光オバQ」

『ドラえもん百科』などでおなじみの方倉先生は『新オバQ』で一度だけ名前が登場しています。

大原家の家の前の電柱の看板に方倉外科という名前で登場。 「オバQはみんなの敵だ」


 
BACKQ
    

(C) Copyright 2000 Junichi T