タイトル

 

■作者のことば■

 
「オバQ」はぼくたちにとって、一番思い出のある作品です。五年まえ、「オバQ」がスタートしたのは、中野にあったスタジオ・ゼロのボロ・スタジオででした。石森章太郎氏が自分の仕事をうっちゃって協力してくれたこと(感謝!)も忘れられません。〔第1巻〕

困ったとき「消えてしまえたらな」と思います。いそいでいるとき「空が飛べたらな」と思います。好きなときに昼寝して、テレビもまんがも見ほうだい…。現実にはできないそんなユメを、オバQには思いきり果たさせてやりました。〔第2巻〕

Q太郎は人間の世界に生まれた、ただひとり? のオバケです。だから親友の正太がいても、時どきさびしくなるのです。雑誌に連載中、Qちゃんに同情した読者から、「オバケの家族を出して」とお便りをいただきました。そうして登場したのがP子です。〔第3巻〕

この巻に出てくる幻灯機はぼくらが子どものころつくったものです。オバQには、ぼくらの少年時代の遊びや空想を題材にした話がほかにもたくさんあります。木の上の家、有線放送、重力自動車、坂道鉄道などです。〔第4巻〕

「ライバルが必要だな」連載が二年目に入ったころ思いはじめました。徹底的に憎たらしくて悪らつな奴をと、つくったのがアメリカオバケのドロンパです。でも、いつの間にか作者がドロンパを好きになってしまいました。〔第6巻〕

オバQには特定のモデルはありません。でも部分的に、いろんなひとからヒントをもらいました。友人たちや家族や。だれにでもマンガ的な一面はあるものです。それを作者の分身にミックスしたのがQ太郎です。〔第7巻〕

小池さんというラーメン好きの人物がときどき出ます。これはスタジオ・ゼロの制作部長・鈴木さんがモデルです。当時、かれの下宿していた家の名をかりて、小池さんと名づけました。実物はもっといい男です。〔第8巻〕

オバQ・P子・ドロンパなどは藤本の受け持ち。正ちゃん・伸一・小池さんなどは安孫子の担当。だから、かたっぽが別の仕事でピンチのときは、その受け持ちの人物がなるべく出ないような案をかんがえました。〔第9巻〕

オバQが描きはじめられた場所は、当時、中野にあったスタジオ・ゼロです。動画をつくろうと仲間があつまった会社ですが、赤字つづきで月給がはらえず、社長が失業保険で生きているという変な会社でした。〔第10巻〕

一冊また一冊と楽しみながらまとめていくうちに、早くもこれで十一巻。本棚に並べた「オバQ」を手にとって、描いたころを思い出しながら読みかえしていると、いつの間にか自分もまた、読者のひとりになったような気がします。〔第11巻〕

昭和四十一年五十一号『少年サンデー』オバQ最終回。案ができ、ネームが入ると、編集のひとが石森章太郎氏の家へとどけます。返ってきた原稿にはゴジラやよっちゃんの他に、「悲しいですね」と書きそえてありました。〔第12巻〕

昭和44年 虫プロ商事刊『オバケのQ太郎』1〜12巻より

 

 

    

(C) Copyright 2000 Junichi T