昭和62年に「藤子不二雄」がコンビを解消してからの藤本先生の主な作品としては『ドラえもん』『大長編ドラえもん』『チンプイ』のみであった。コンビ解消の直接的原因にもなったと思われる藤本先生のご病気のためだった。

 しかしコンビ解消から約3年半後の平成3年5月、突然ファンにうれしい知らせが届いた。藤本先生が異色短編を精力的に発表してきたビッグコミックに新作が掲載されるというのだ。大人向けの新作としては実に7年ぶりとなるだけあって、ファンの期待は当然大きいものとなった。

 こうして『未来の想い出』は始まった。連載第1回を読んだファンは誰もが藤子F版『まんが道』をイメージしたであろう。ベレー帽を被り、パイプをくわえた漫画家が主人公とくれば当然のことである。しかし、連載第2回には主人公が生まれ変わりを経験するという、藤本先生お得意のSF作品であることを悟らされる。

 
 
 
 

 

 

 

 

 

mail home   

(C) copyright 1997-1999 Junichi T