タイトル

宝殊山 立石寺の旅

『広ちゃん、やっぱり東京へ行くの?』
『うん…、高校でたらすぐにね。どうしても絵かきになりたいんだ。』

  ほとんど何の写真か分からないですね(^ ^;)。ズブのシロートですのでお許しください。漫画の左手奥に見えるのは仁王門です。この門は嘉永年間に建立された物で、仁王尊と十王尊が安置されています。この辺りから、物語の重要な要素となる大きな穴の空いた岩がそこいらに見られるようになります。
 この岩は、第三紀層の凝灰岩が浸食されたものだそうです。

BACK

9

NEXT

  
mail home FFFFC-banner (C) copyright 2000 Junichi T