タイトル

宝殊山 立石寺の旅

『「閑さや 岩にいみ入る 蝉の声」』
『ここを訪れた芭蕉の句だ。』

 この次のコマから始まる、山寺に関する芭蕉の言の全文は、

 山形領に立石寺という山寺あり。慈覚大師の開基にて、殊に清閑の地なり。一見すべきよし人々のすすむるに依って、尾花沢よりとって返しその間七里ばかりなり。日いまだ暮れず。麓の坊に宿かり置きて、山上の堂にのぼる。岩に巌を重ねて山とし、松柏年ふり、土石老いて苔滑らかに、岩上の院々扉を閉ぢて、物の音きこえず。岸をめぐり岩を這うて仏閣を拝し、佳景寂莫として心すみゆくのみおぼゆ。

 この写真は山門をくぐり、石段をちょっと上がったところの曲がり角です。この景色は作品が描かれた頃と変化があまりなく、広康の左に見えるちょっと曲がった木も同じ姿で残っていました。

BACK

5

NEXT

  
mail home FFFFC-banner (C) copyright 2000 Junichi T